ヘルプ

10.300(450)mmでの満月撮影 & 大トリミング その5

  • 18

写真: 10.300(450)mmでの満月撮影 & 大トリミング その5

写真: 09.300(450)mmでの満月撮影 & 大トリミング その4 写真: 20.SIGMA DP3  Merrill のボディ

こちらはより満月に近づいた2018年10月24日の深夜近くになる23:46に撮影。

中秋の名月はすでに過ぎましたが、2018年10月度の満月の時刻は25日の深夜1:45だそうなので、実質前日となる24日の夜に撮影するのがベストだと思い、しかも昨日は雨で、かつ今日は晴天なので撮影にはもってこいでした。前項の写真と比べると3時間20分後の撮影ですが、月の大きなクレーターの位置がかなり移動しているのが分かりますね。


今まではカメラボディ購入に使ったお金と比べて、望遠レンズには全くお金を使っていないパターンでしたが、次の掲載にはライトバズーカとして発売されている100-400mmのOSレンズを購入した時の掲載となりそうです。

本命は600mm望遠のスポーツレンズなのですがこれは非常に重く、しかも三脚ごと買い直す必要があるので、しばらくはお預けとなりそうです。ただ新たに出る予定のシグマのミラーレスの仕様によっては、Lマウントになってから買うかもしれません。

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。